2019年05月11日

2019年5月10日東鳳翩山(734.2M)

山口県 登山すぺしゃる〜
ついに来た!!! 前から行きたかった2座
朝7時に出発 約2時間で憧れの東鳳遍山へ
東方便山もあるとは知らなんだ。
登山口に一番近い駐車場に停める 
いつものことだが道中狭い離合は出来ない。
久さんは出来るだけ近い所に停めたがる。
ちいたア 運転する身になってよと言いたいが 
ここで言っておく
190510_a1.jpg
東鳳遍山の案内
いよいよ登るぞ
忘れていた メンバーいつもの人間
天気も最高!
言う事なしなしなし。ふなっしーは呉へ来てもらって頑張った。
190510_a3.jpg
ここから登山開始
190510_a5.jpg
道はいい 楽々らくちん
さすが山口県 道がいい最高
広島の登山道とは大違い ここでよいしょ しておきましょう。 
190510_a7.jpg
途中で休憩 
休憩だと言っても いつも休憩しているメンバー
決して抜かれることあっても抜くことない
190510_b1.jpg
ダムが見える景色最高 
秋ならもっと最高だろう?
190510_b2.jpg
中国自然歩道の案内
そう言えば十種ヶ峰があった
頭のメモリーにあったが どんな山だろうか?
調べる価値あり?
190510_b3.jpg
長い階段 🎵階段は続くよ何処までも 階段は続くよ何処までも
何段あっただろうか? 数得ていないが、
久さんが縦に写真撮ると後加工が大変だと言うが
チャンとアップしてくれる いい人だ
190510_b5.jpg
頂上での記念写真
360度見えるすごい
結構人多し 金曜日なのに
夏は暑い 日陰なし
感動
190510_s1.jpg

頂上からの360°パノラマ


秋吉台
2日目 憧れの秋吉台どこを見ても秋吉台 当たり前か?
展望台近の妙見原のコース案内
190511_a1.jpg
皆こんな感じ ワクワクする
190511_a3.jpg
何処へ登ろうかとなるが。
190511_a5.jpg
近い所に行こうとなるが それでも結構歩いた。

うれしい 今まで登った山1番かも
是非登って いや歩いて下さい。
190511_a7.jpg

秋吉台からの360°パノラマ


追伸
本当に来てよかった。

だが注意しよう!
ホテルでの出来事 
大さん しょっぱなからやってしもうた ルームキーの取り忘れで部屋に入れない
大笑いわらったわらつたゲラゲラ
次の日 
今度は田 大さんを起こすために隣の部屋へ
やってもうたルームキーの取り忘れで部屋に入れない
こうなると アホや
posted by hiroshima_yamanobori_club at 18:39| 広島 ☀| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

2019年5月25日小室井山(1072M)

天気は晴れ メンバー4人
池さん 大さん 久さんそして田
488号線は通行止めとか湯来温泉街から県道を走り
186号線経由でもみの木へ

190525_a1.jpg
コースの確認か?
多分違うだろう?
190525_a2.jpg
久さんいわく今日は左周りにしようと
距離がみじかいから?
190525_a4.jpg
影が多いいので歩きやすい
190525_a5.jpg
山頂でのレンゲつつじ
190525_b1.jpg
山頂でのレンゲつつじ
山の日の記念で植樹で植えている
てっきり木を植えているのだと今まで思っていた。
いつ来ても木がないので。。。
今回初めて分かった。
ぼけーとして何にも考えていない証拠だ、
190525_b2.jpg
? 
何かわからんが 大さんと久さんが
どうじゃこうじゃと この木について
語っていたが?
190525_b3.jpg
山頂での記念写真
やはり暑い まあ影に入ると涼しいが
今度は虫が多いい。
虫除けにはエアーサロンパスがいい
190525_s1.jpg

一着 池さん 78歳 元気いっぱい 子供が大好き
2着 久さん 68歳 明日の田植えが気になって登山
どころではない
3着 田   62歳 ついでに参加 
番外 大さん 72歳 シャイなのか?参加しない
190525_s3.jpg

帰りのコースは来た道の逆で帰ろうと言ったが
久さんが来た道は影が多いいので同じコースで
仕方がないので棒を投げて帰り道を決めた
結局来た道で帰る 影が多いいので良かったか?

190525_m1.jpg
<追伸》
ポッンと一軒屋 今見ているが
山道は狭いしガードレールもない
まあ良く行けるもんだ

山道走るのはあんまり嬉しくない
サルも見た。キジも見た
とどめにイノシシが横ぎった事あり
これはビックリドンキー
さすが熊はないが いつかは?
逃げるが勝ち?

そう言えば住んでいる所は山に囲まれた団地
サルと家の前でご対面、こんなの有り?



posted by hiroshima_yamanobori_club at 00:00| 広島 | Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする