2015年07月04日

2015年7月4日経小屋山(596.6M)


天気は曇り
今にも泣きそうな空 
広島市街から西へ約20q行くと、宮島の対岸に経小屋山(きょうごやさん)があります。
妹背の滝の駐車場に止めさせてもらいました。
150704_a1.jpg
大頭神社を通って、(参拝して)奥に進みます。
150704_a3.jpg
妹背の滝の案内板です。
妹背と言えば 昔そうめん流しやっていた覚えがある。いくらだったか知らないが?
150704_a5.jpg
雌滝がすばらしい。いまだに雌が書けない。
それと、薔薇、蕎麦など漢字全部書けないし文章もバラバラ。
パソコン様さまです。
150704_a6.jpg
朱色の橋を渡って進みます
150704_a7.jpg
雄滝です。
150704_a9.jpg
上りは林道コースを登ることにします。
本当は道案内を間違えて車道を歩く事に、表示があったのに勘違いをして
車道を選ぶコースに、田が一言山頂に行けるのでここを歩こうと言うことになるが?
後で車道を歩いた方が正解だったと思う。
150704_b1.jpg
経小屋山の案内板ですここから3キロ?まだ歩くのか?もう3キロ以上歩いているので。
これが曲者で、まだつかない、歩いても、歩いても(小舟のように)?
長い、長い〜。結構サイクリングの人が多いい、練習コースになっているのか?
150704_b3.jpg
だらだら歩いているので10時30分ごろ、昼飯となる。
食べて帰る事と思ったが?久さん大さんが、ついでだから頂上へ行こうと言い出しだ。
心の中で(え!!、帰るのでは?雨が降る?)帰るつもりでいた。
150704_b5.jpg
頂上で記念写真? 3人しかいない。雨が降り出した。
しばらくして3人が登って来られた。
帰り道(妹背の滝コース)を確認してそのコースを行くことになるが?
確かに1時間30分で下山したが、雨は降る、ふるし、まあ大変な目に。
大さんが言う、このコースを登るのなら無理だったとか。
このコース(妹背の滝)を登るつもりだった。
150704_b7.jpg
案内板はしっかりあるが、登るのは?ちょっとね?
150704_b9.jpg
150704_c1.jpg
合計歩数25,000歩でした。前回は17000歩で少ないと思えたが。
今回は歩いた、歩いた。
次の日いいや?2〜3日たってからかも(年だから)、
足が痛くなるだろう?
posted by hiroshima_yamanobori_club at 17:37| 広島 ☁| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

2015年7月18日道後山(1268.4M)・岩樋山(1271M)


2015年7月18日 天気は☁
絶好の山登り?雨は降らない。
メンバーは三さん大さん、久さん、田の4人
宮島SAからの7時出発。10時前からの登山スタート
月見ケ丘駐車場から岩樋山、道後山ルートです
150719_m1.jpg
月見ケ丘駐車場
車が4〜5台停めてある。
150718_a1x.jpg
駐車場から出発
途中 30分後東屋で三さんがリタイヤとなり残り3人で登ることになる。
150718_a5.jpg
岩樋山を目指します
150718_b1.jpg
岩樋山山頂が見えてきました
150718_b5.jpg
岩樋山山頂です
ここで早いが昼飯にする。どうしてか?
道後山が目の前に見えるのだが12時までには着きそうにないので(予想)
ここで昼飯にする。今日は帰らないのでビールを飲むが?
ノンアルコールでも美味しいと感じる。
一人だけ山頂にいた。
150718_s1.jpg
岩樋山山頂からのパノラマです

150718_c1.jpg
道後山山頂です
150718_s2.jpg
道後山山頂からのパノラマです
10人位いたか?

150718_c3.jpg
月見ケ丘キャンプ場です。
今日ここでキャンプをするのだが狭い
草だらけで回りが草がボウボウだし沼地になっていて 
いかにもマムシがいるみたい。それどころか熊が出てもおかしくない。
もちろん他にテント張る人いないし。
何より一番怖いのは携帯が入らない。!!
テントを張るに当たって、ああじゃない、
こうじゃないと言いながら進める。こうゆうことが結構楽しいのではないか?
そのあと麻雀をするが負けた人は食事の準備となる。
結局は皆で準備する。
150718_d1.jpg
水洗い場です
飲めませんと書いてある。近くに水が流れているのでそれを使用。
水洗い場に行くのさえ マムシが出そうな場所。
150718_d2.jpg
追伸
やはりテントは寝られない、2張りしたのだが、いびきがうるさい。
寝たかと思ったらいびきが聞こえる。
次からは、旅館に泊まろう、風呂に入ろう。
旅館に泊まっても いびきは同じだろう。
会費1人4000円だから・・・

日帰りなら家族で楽しめるコースです。
山としてはお勧めです。綺麗な山です。
歩数は約12000歩でした
posted by hiroshima_yamanobori_club at 11:39| 広島 ☁| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

2015年7月25日三段峡


広島県の西北にある秘境「三段峡」を紹介します。
広島の「桂林」とも言われ、国の特別名勝に指定された「三段峡」は、真夏の蒸し暑さから逃れて心を洗ってくれるようです。
今回は、一部廃線となったJR可部線の三段峡駅の正面口からのスタートです。三段峡駅は現在「交流館」になっていました。 
天気は晴れ今日のメンバー4人 三さん、大さん、久さん、田 
駐車場で400円払い出発。
150725_a1.jpg
赤い橋を渡ると、細い急流沿いの道を進みます。
150725_a3.jpg
左に川を見ながらコンクリの道をひたすら、ひたすら歩く。
150725_a4.jpg
中国の桂林を思わせる断崖絶壁です。仙人が出てきてもいい風景です。
150725_a7.jpg
赤滝です(石の色が赤いです)
150725_a8.jpg
黒淵渡船で黒淵荘へ渡ります。片道300円
150725_b1.jpg
国の天然記念物「大サンショウウオ」です久しぶりに見ましたが。
あちこちでいるみたいです。
150725_b3.jpg
吊り橋2ヶ所あり、少し揺れる、かずら橋あれは揺れる!あれよりはるかに良い。
150725_b5.jpg
大城にある休憩所で昼食です。(12時すぎていたので)
150725_b7.jpg
結局 水梨まで歩き、そこから三段峡駅の正面口までマイクロバス
(深入り山経由(700円))で帰ることに、
大さんはまだ歩きたかったのだろう?田は車の中では寝ていましたけど。
確かに疲れた。
正面口で集合写真です
150725_s1.jpg
<追伸>
行く道中は熱いが、夏は涼しいので川のそばを歩くのはお勧め。
歩行数10000歩
結局二段峡、三段峡は次回となる。
年内に達成予定?
三段峡2.jpg

三段峡の観光案内は・・・
title_h1-1_event.jpg
posted by hiroshima_yamanobori_club at 06:37| 広島 ☀| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする