2012年07月18日

2012年07月17日富士山(3776M)

いよいよ 17日富士山 アタック!  「3776m」
6蒔の新幹線でいざ出発
1時24分   松さんより
        やっと5合目に着いたとの事
        今からのぼる。天気は曇り
8日6蒔40分 TELする 
        池さんは一睡もできないので、1人で頂上へ登ったとの連絡あり。
        松さんは携帯が通じなくなり、安否不明、あわや遭難かと心配した。(あとから分かったことだが、auは山小屋内では電波が入らなかったようだ)
120719x1.JPG
120719x2.png
これは登山道の中の富士宮ルートで登頂いたしました。
JR新富士駅
120719x3.jpg
JR新富士駅からバスに乗ります。

浅間大社にある湧玉池です。富士山の地下水脈の湧水が流れて川になりました。
120719x4.jpg
バスは雲の中を行きます
120719c1.jpg
五合目レストハウスから山頂に向かって出発です。120719c2.jpg


富士宮ルートの登山道はこのように急坂です。

やっと、6合目に到着です。
120719c3.jpg


時々、雲が晴れて、頂上付近の景色が姿を現します。

途中の山小屋で休憩と宿泊ができます。
六合目、七合目、元祖七合目、八合目、九合目、9合5勺、富士宮口頂上「3720m」。
7合目山小屋に宿泊
120719x6.jpg
七合目「山口山荘」に宿泊しました。
定員200名収容の大きな山小屋です。

うどんを注文しました。甘党に、好まれる味です。800円。ビール400円。お茶500円。トイレ200円
120719x7.jpg
カレーを注文しました。不思議な味でした。
120719x8.jpg
泊の方のみ500円,宿泊費5000円、他の料理は一品1000円位。
1人分のスペースは、畳半分ほどで、肥満体の私には、寝返りも打てませんでした。
緊張感もあって、睡眠はほとんど取れませんでした。
翌朝。雲海です。
120719x9.jpg
この鳥居をくぐれば「最高に苦しい」この時点をクリアすれば登頂です。自分自身最高のうれしさが湧きました。
120719y1.jpg
登頂が午前4時ごろ、ご来光です。
120719y2.jpg
下のURLに動画があります すごいですよ 池さんが頂上で撮ったものです
山頂日出ブームでしょうか 若い男性が彼女か日の出に向かって
「〇〇さん結婚してください」 大きな声で数人の若者が叫んでました。
ワイルド だぜーーーーー


だんだんと、日が登ってきます。
120719y3.jpg
雲海からの日の出です。最大の美しい感動を感受しました。

残雪です。気温が低いので、中々とけません。
120719y5.jpg
噴火口の残雪です。雄大でした。

山頂神社「無事帰還ができますように」、また富士山山頂郵便局もあり、記念にポストに入れれば郵送されます。
120719y4.jpg
頂上付近の案内板
120719y7.jpg
富士登山での感想は、甘いものでなく過酷な登山でした。
上りよりも、下りの方が数倍歩きにくく、苦しさが多きかったです。
登山の天気は、頂上付近は曇っていましたが、雨も降らず、良い天気でした。
ご来光も、天気は晴れで、寒さも感じず、最大の感激でした。
JR新富士駅構内にある、全国の富士山の石で作られたモニュメントです。
「○○富士」の石が集められています。
posted by hiroshima_yamanobori_club at 07:05| 広島 🌁| 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

2012年7月29日三段狭

 天気は文句なしのicon01
広島県山県郡安芸太田町にある、三段狭をトレッキングしました。
中国自動車道戸河内ICから、さらに北方向へ10Kmに三段狭入口があります。

有料駐車場(500円)に駐車して出発します。

駐車場にある案内地図です

二段滝へは、舟に乗って約10分かかります。

三段滝へは、さらに2Km歩きます。
三段滝です。

三段滝にある案内地図です

集合写真です。

追伸
今回出席出来なかった松さんから
えらい写真写りが悪いが?熱かったのか?
との問い合わせあり。
そうではない。皆顔が悪いだけ。
夏は三段峡へ行きましょう。
結構涼しい。
posted by hiroshima_yamanobori_club at 08:42| 広島 🌁| 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする