2012年02月13日

2012年2月12日古鷹山(394.0M)

今回は広島湾の中に「大きく羽を広げた鷹」の形をした山「古鷹山394m」をめざします。
今回は田さん以外フルメンバーの久・松・梅・三・池・利でした 4月からは藤と田さんを含め8人での登山が楽しみです。
広島港からフェリーが出ていますが、今回はフェリー代(往復900円)を節約して6人で「平清盛」ブームにのって、「音戸大橋」と「早瀬大橋」を渡るルートで行きました。
海上自衛隊第一術科学校を左手に見ながら進むと「古鷹山登山者駐車場」に到着します。
朝7時半廿日市→五日市八幡→井口→広島駅→マツダ本社経由音戸・倉橋・江田島 11時登山開始
12時に頂上にはすでに20人の登山者で食事中、後に20人のグループが上がって来られました。
山頂で50人位の人が食事ができる位の広さがあり360°の展望で広島市方面の山はもちろん四国が望めそうなくらいでした。
山登り用のガスボンベでシチュウを暖めて昼食をしました、
今回も久さんの甘酒でほっとしてから記念写真を撮り13時半から下山しました。



登山開始は階段が200m位続きましたが立派な登山道でした。







登山の為に車で来たのは僕たちだけで、皆さんフェリーで来られるようです
松さん言わく 江田島〜遠いよと言っていた。 田もそう思った。
まあよう 行った。ご苦労さんです。

きよもり〜 清盛といえば
平家にあらずんば人にあらず だったか?
なんちゅうても壇ノ浦か 一の谷の合戦だろう?
今年は中国地方や四国で盛り上がる。
ぶち人が来るように。
だが どうしても 大阪から関東を取り上げた大河ドラマのほうが おもろい?
ここだけの話 



この案内板の後ろに道が二手に分かれていました 左手の道が登山口でした



いきなり急な階段が待っています。200段くらいあるでしょうか。




ザイル(チェーン)が3箇所張ってあったけど平均台が普通に歩ける人だと、
頼らなくても上がれそうですが、頂上近くのザイルは持った方が良いと思うよ。


頂上からの360°パノラマ




平清盛の時代から近年の戦時中まで海を見渡す
見張り山だった事を伺わせる山頂です




60才代を中心で30才代の山ガールから80才位の方まで
小学生低学年の家族も、上がって来てたよ


70歳代の池さんは毎日5,000歩以上も歩いてるから何時も一番に登頂されます
赤一点の利さんはか弱そうに見えてスキーなどかなりスポーツをこなします



松さんの特製の味噌汁。さぶい時にはGOO!!
なんじゃかんじゃ言いながらでも作る りっぱごりっぱ
座布団2枚
梅ちゃんも 急がしのよ? 
去年国家資格を2個も取得して、かなり積極人間になって良かった

田が いよいよ登山開始か?
だけど今度の日曜日天気わるいので
やめた。
ドクターSTOPだしね。
4日は雨の為登山中止となりました。
いつか晴れるよ。
いつか登れる。

posted by hiroshima_yamanobori_club at 09:04| 広島 🌁| 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする