2011年12月19日

2011年12月18日野貝原山(719M)

広島市中心部より西へ約20Km。廿日市市内にあります。
約40年前には「のうが高原」として、数々のイベントで賑わった観光スポットでした。
最近、登山をする方が多くなり、ここを訪れる人も増えてきました。
登山道は宮内明石ルートと原ルートと川末ルートがありますが、今回は登りやすい川末ルートを選択しました。(原ルートを今年の春に下見しましたが、登山道が無くなっていたり、倒木が多いので断念しました)
川末ルートは他のルートに比べてよく整備されていますが、休日になるとモーターバイクも同じ道を通ってきます。後ろから音が聞こえたら広い場所で道を譲ることが必要です。
野貝原山の全体マップです。瀬戸内海から北方向を見ています。

A:川末登山口
B:泉水峠
C:サーキット場が見える山道
D:アンテナ群、のうが高原、かつて展望浴場やレストランがあった場所
E:野貝原山三角点
F:古代遺跡スポット

(A)川末の登山口は、川末行バス終点から少し行ったところにあります。
車の駐車場は、近所の方にお願いして空地に止めました。

小石がゴロゴロした歩きにくい道がしばらく続きます。
しばらく歩くと、左側が急な崖になります。倒木が所々あるものの、比較的歩きやすい道が続きます。

(B)道がだんだん急勾配になってくると「泉水峠」の広場に出ます。
そこでサーキット場からの広い道と合流します。

(B)「泉水峠」の広場です。
青いダンプカーが広い道に止まっていました。

(C)広い道に出たら左に進みます。
50mくらい進むと、さらに左側の林道に入ります(この道は野貝原山への近道です)
この近くにおられた管理人のかたから、この近道を教えていただきました(^∀^)感謝。
2・3日前にできたばかりの道のようでしたが、雪解けのために、下がぬかるんで、歩きにくい道でした。
サーキット場からの爆音が響きます。(筆者も若かりしころに返りたい!と思う瞬間です)

林道でショートカットして、しばらく進むと、アスファルトの道に合流します。
さらに左に進みます。

(D)アンテナ群を左に見ながら進みます。
携帯電話やテレビの巨大アンテン群が集まっています。
アンテナに登って、瀬戸内海を眺めたいの思いをこらえて、さらに進みます。

(D)のうが高原のレストランがあった建物は侵入禁止の看板があります。
さらに野貝原山をめざして進みます。

(E)レストランの前の道も通行できないようになっていますが、柵の横をくぐり抜けて、さらに西方向へ野貝原山へ向かって進みます。
途中で舗装された道を、左方面へ分岐して、野貝原山山頂を目指します。
ガードレールのある山道(?)を進むと、すぐに野貝原山三角点です。
眺めが悪いのですが、平らなところを探して昼食をとりました。


(F)三角点を南方面へ下っていくと、古代遺跡がある場所が点々としています。
ピラミッドパワーの出る石もあます。弘法大師の足跡もこの近くにあったはず(?)
三角点のすぐ下に方向石があります。

(F)高貴人墳墓です。

(F)タイル巨石です。

(F)上の方にタイルが貼り付けてあるように見えます。

タイル巨石がある場所から東へ少し進むと、かつて直進道路があった場所に出ます。
右側はガードレールがつけてあり、左側は城壁を思わせる石積みに囲まれた道路は、1970年代の日本の成長期を思わせるのに十分でした。
この直進道路をさらに進むとレストランへ戻る道と合流します。

☆今回の忘れ物☆
なし。忘れ物がない登山はめずらしい。
☆今回の感想☆
松さんがおいしいみそ汁を作ってくれたので、からだが温まった。
かつての「のうが高原」が繁栄していた時期を知っているので、寂しさを感じた。
絶景スポットの「らせん階段の展望台」が取り壊されていたり、「展望浴場」があった設備への出入りが禁止されていて、瀬戸内海を眺める場所が全くありませんでした。
当時、高価な入場料を払ってでも、すばらしかった「らせん階段の展望台」の景色を誰か復活させて(○´Δ`人)・・・と祈るばかりでした。
(今回も前回に引き続き「田」さんに代わって「久」が執筆しました。「田」さんの登山ドクターストップからの脱出を祈る!)
posted by hiroshima_yamanobori_club at 09:42| 広島 🌁| 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする